あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

ひな祭りと桃の節句の由来は?ひな人形の意味と行事食の料理

   

3月3日は何の日と聞かれたらあなただったらどう答えますか?

3月3日は雛祭りで、女の子の健やかな成長を願って行われる春の伝統行事です。
雛祭りでは雛人形を飾り、桃の花や雛あられ、菱餅を供え白酒やはまぐり、ちらし寿司などの行事食で祝います。

でも同じように3月3日は桃の節句ともいわれます。
雛祭りと桃の節句が同じ日というのにはわけがあるのでしょうか?

雛祭りと桃の節句の由来とその違いはなんでしょう?

ひな祭りと桃の節句の由来と違いは?

ひな祭り由来

答えを先に言ってしまうと、雛祭りと桃の節句は同じものです。

雛祭りは元をたどると漢の時代のものが室町時代に伝わり、上巳(じょうし)の祓いといい、穢れ(けがれ)を祓う(はらう)季節の行事として3月3日に行われていました。
もともと日本には「五節句」という行事があり、その季節の変わり目(節句)に身の穢れを祓い、無病息災、健康で長生きを願い、厄除けの神事として行われてきました。

五節句
1月7日人日(七草粥)
3月3日上巳(桃の節句)
5月5日端午(菖蒲の節句)
7月7日七夕
9月9日重陽(菊の節句)

「上巳の祓い」は上巳が桃の花が咲く季節になるために3月3日が桃の節句となります。

雛人形の由来は?

ひな祭り雛人形

「上巳の祓」では厄払いとして自分の厄災を紙の人形に身代わりとして見立てて川に流す「流し雛」が変化していって、現在の雛人形になったといわれます。
それまでの雛人形の原型は畳に敷物を敷いて直に人形を飾っていましたが、今のように雛壇を設ける立派な雛人形になったのは江戸時代中期になってからだそうです。

ひな祭りの料理の由来 桃の節句で食べるのは?

ひな祭りはまぐり

桃の節句は女の子の健康を願う行事で、ひな人形を飾ってひな祭りとなりましたが、では古くから伝わる伝統的なひな祭り料理とはどんなものでしょう?

桃の節句の季節は春の訪れを迎える3月ですので、食材も春が旬のものを使った料理になります。

代表的なひな祭り料理

はまぐりのお吸い物
「貝合わせ」遊びで知られるはまぐりで作られるお吸い物はひな祭り料理の代表的なものです。
はまぐりの貝殻がぴったり合うことから夫婦仲よくという意味で生涯一人の相手と添い遂げるといった願いが込められています。

菱餅
昔は白と緑の2色だった菱餅はそこに桃色が加わって3色になり、今に至ります。
菱餅の3色の意味は多々ありますが、おおまかにいうと桃色は魔除け、白は長寿・子孫繁栄、緑は厄除け・健康などといわれます。
3色の意味は諸説ありますが、実はもっと深い意味が込められているのがその色についてです。
桃色は解毒作用があるとされるクチナシで、白は血圧を下げるとされるヒシの実が、緑は増血作用があるというヨモギが着色料として使われています。
さらに菱の形は菱の実には子孫繁栄・長寿の作用があるとされ菱餅は菱の実で白い餅が使われていたそうです。

ちらし寿司
ひな祭りにちらし寿司は古くから食べられていたと思っていましたが、ちらし寿司についてはほかの定番の食べ物と違い、明確な由来はありません。
ちらし寿司に使われるえびは長生き、れんこんは見通しがきく、豆は健康でまめに働ける、菜の花は春をイメージ、といった縁起のよい具材でお祝いの席を華やかに彩ります。

ひな祭りの由来と料理のまとめ

ただ漠然とひな祭りに雛人形を飾り、ひな祭り料理を食べてお祝いしていましたが、ひな祭りと桃の節句の由来やひな人形の意味、ひな祭り料理には深い意味がありました。

日本に伝わってから江戸時代までは厄除けと健康を祈願するための神事としてきましたが、それがひな祭りへと変化してきました。

桃の節句、ひな祭りには女の子だけでなく男の子でも、お子様の健やかな成長を願い、幸せをお祈りして祝ってみてはいかがでしょうか。