あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

節分の意味と由来。恵方巻きを食べるようになった理由?いわしと柊鰯とは?

   

2月になれば節分ですね。
正月の気分がようやく抜けたころに節分がきます。
でもなんとなく昔からやってきた節分ですが、節分とはなんでしょう?
豆まきと鬼の関係や恵方巻きを食べる習慣など、知っているようで知らない節分について紹介します。

節分の意味と由来を知ろう

節分由来

節分は2月3日におこなう年に一回の行事だと思っていますが、実際には年に一回というわけではありません。
節分というのは文字通り節を分けるということで、節とは季節のことです。
季節を分ける、つまり日本の四季である春夏秋冬のはじまりに節分があるというのが本来の節分の意味と由来です。

2月3日が節分とされるように、同じく春夏秋冬の季節が始まる前、つまり春は立春、夏は立夏、秋は立秋、そして冬は立冬の前日が節分の日にあたります。

2月3日の節分の日には鬼退治に豆まきをして恵方巻きを食べるのが習慣になっていますが、古くから日本では一年のはじまりは春、つまり立春からとされていましたので、一年のはじまりとして2月3日の節分が一番知られ、現在でもこの日が節分として残ったということです。

節分に恵方巻きを食べるようになった由来は?

節分恵方巻き

節分に食べるのは豆が昔から定番でしたが、豆まきの豆は鬼を払ったあとに自分の年に1個足して豆を食べるのが習慣でした。

しかしいつの間にか定番の豆とは別に恵方巻きという巻き寿司を食べるようになりました。
節分の日が近づくとスーパーやコンビニでも恵方巻きの宣伝で賑わいます。

恵方巻きとは日本では縁起がいいとされる七福神にちなんで七種類の具材を巻いた巻き寿司にしたもので、福を巻き込んで太巻きにして恵方を向いて食べることでその年の商売繁盛、無病息災をもたらしてくれるといいます。

でも昔には恵方巻きを食べるなんていう習慣はなかったのに?
恵方巻きの由来ははっきりとしていませんが、大正時代初期に関西地方で恵方を向いて海苔巻きを食べるといった慣わしがあり、商人の町関西や大阪の人たちは商売繁盛を願って恵方巻きとして食べることがのちに全国的に広がっていったといいます。

関東にも近年広がってきた恵方巻きは昭和のころには知られていなかったので、最近になって急に恵方巻きを食べるようになって不思議に思う人もいたわけです。

この恵方巻きという名前もじつは近年になって考えられ、定着したものです。
恵方巻きという名前の由来は1989年に広島地方のセブンイレブンのある店舗が豆まきの豆だけでなく、ほかの商品も一緒に売り出そうと考えたのが始まりとされ、全国展開するスーパー大手やコンビニで一気に節分の食べ物として広く知れ渡り、節分と恵方巻きという組み合わせが定着したものです。
地域差はありますが、近年になって節分の日に恵方巻きが食べられるようになったのはこのような由来だったからなんですね。

節分の日にいわしを食べる由来と意味は?

節分柊鰯
節分の日にいわしを食べる習慣があります。
節分のいわしは食べるだけでなく飾ることもあります。
ただ、節分の日にいわしを食べるのは古くから西日本の習慣ですが全国的にも知られる習慣になっています。

いわしというのは「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」といったように漢字の鰯でわかるように魚へんに弱いと書きます。
また、いわしは臭いがきつい魚です。
つまり弱くて卑しい、きつい臭いの鰯を食べて陰の気を消し去るという意味でいわしを食べるようになりました。

節分の由来にもありましたが、節分は一年の最後の日で旧暦の大晦日です。
そして節分の翌日、つまり立春は旧暦では元日なので新年には陰を消し、魔除けとしていわしを食べるわけです。

魔除けのいわしは食べるだけではなく飾りとしても用いられます。
節分に魔除けとして飾られるいわしは、柊(ひいらぎ)の小枝と焼いたいわしの頭を飾ります。

この飾りは柊鰯(ひいらぎいわし)と呼ばれ、節分に魔除けや厄除けとして飾られます。
柊のような尖ったものは日本では古くから魔除けや厄除けとして用いられてきました。
柊鰯は玄関の戸口に飾りますが、柊の枝が尖っているので鬼の目を指して家への侵入を防ぎ、焼いたいわしの強い臭いは鬼が嫌って近づかないようにとされています。

柊鰯の飾る期間と処分の仕方

恵方巻き

柊鰯を飾るのは節分の日から2月いっぱいまでとされていますが、これには地域によって違いがありますのでその地域の慣わしに従うといいでしょう。

魔除けとして飾りの役目を終えた柊鰯はそのまま捨てるにはちょっと気が引けますので、塩でお清めしてから半紙に包み捨てるのが一般的に行われているようです。
柊鰯はいくつかの処分の仕方があるようです。
●神社で焚きあげてもらう
●玄関先に穴を掘って埋める
●焼いて灰にして玄関先に盛る
そして先ほどの塩でお清めして半紙に包んで捨てるというものです。
現在では塩で清めて半紙に包んで捨てる方法が無難な処分方法でしょう。
魔除け厄除けとして役目を果たしてくれた柊鰯は処分も気持ちをこめて丁寧に扱いたいものです。

昨今では日本の古くからの風習がだんだんと廃れてきていて、きちんとしたものを伝える人も少なくなってきました。
新しいものも大切ですが、こうした古くからの風習も後世に伝えていきたいですね。