あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

歯が痛い時和らげる応急処置。眠れないほどの痛みをともなう歯痛を止める対処法とは?

   

突然襲ってくる歯の痛み。
徐々に痛くなってくる歯の痛みから、治療している間にもなる痛み、夜に痛くなり眠れないようなつらい歯の痛み。
こうした歯の痛みはたいてい我慢できないほどの痛みを伴うことが多く、激痛で苦しむこともしばしばあります。

一度痛みが始まると痛さの度合いがエスカレートしていくから本当につらいです。
歯の痛みはつねに意識するような痛みなので日常の何をしていても気になるし、痛みが取れません。
まして夜に痛みが始まると眠れなくなり、痛みと格闘しながら寝られない夜をすごすことになります。

このように大変困る歯痛ですが、どうしてもひどくならないと
歯医者さんに行かないのが多くの皆さんの心理でしょう。
誰だって歯医者さんに好き好んで行きたいとは思いませんからね。
でもいよいよ痛みが激しくなってしまったらすぐに歯科医にかかりましょう。
時間が経つほど歯の痛みも深刻になりますし、我慢の限界に達したときに歯科医院が開いている時間とは限りませんから。

そこでなんとか歯科医にかかるまで歯の痛みを止められないか、歯が痛い原因とともに痛みを和らげる応急処置でなんとかその場の歯痛を対処する方法を紹介します。

歯の痛みを感じるようになったら。

歯の痛み

歯の痛みの原因はさまざまで、さらにその要素が複雑に絡んで起こっている場合がありますので痛みを感じるようになったら早めに診療を受けましょう。
歯痛の主な原因は特殊な場合を除いて大きく分けて虫歯による歯の痛みと歯茎の痛みになります。

とくに歯の痛みは鋭痛で歯茎の痛みは鈍痛が多く、神経が原因で歯の痛みを感じる鋭痛のことを疝痛(せんつう)といい、耐えられないような激痛の代表とされている強烈な痛みです。

歯の痛みを和らげる応急処置。効果的な対処法は?

  • まず歯の痛みでは神経が直接露出しているような場合ではなければ歯の中で血液が多くなることで神経を圧迫して痛みを起こす場合や、歯茎が炎症で腫れて膿んでいるようなときに、その患部を冷やすことで炎症を抑えて腫れが落ち着きます。
    また、冷やすことで痛覚が麻痺して痛みを感じなくさせる効果もあります。
    冷やし方は直接氷や冷水などを口の中に入れてもいいのですが、長時間氷を口内に入れておくわけにもいきませんので、保冷剤や冷えピタなどの熱冷まし剤、または冷水に浸けて絞った濡れタオルを患部の外側の頬の上から当てましょう。
    このように冷やすことで血液の流れを遅らせて痛みが軽減されます。
  • 激痛をともなう歯の痛みには市販の痛み止めが応急処置になります。
    我慢できないほどの痛みとして疝痛(せんつう)がありますが、歯の痛みは最も痛いとされています。
    あまりの激痛は冷やすくらいでは抑えられないこともあります。
    そういった歯の痛みを一時的に抑えるのが鎮痛剤です。
    鎮痛剤として知られるロキソニンは歯科医でも処方されますが、市販薬では第一三共ヘルスケアのロキソニンSはほぼ歯科医が処方する鎮痛剤と痛み止め成分が近いので痛みを緩和するにはおすすめです。
    痛みを抑える効果は処方薬とほぼ同じ成分ですのでしっかりと注意事項を守って使用してください。
    鎮痛剤は効果が高い痛み止めの対処法ですが、その効果は持続するものではありませんので虫歯の進行が進まないうちに歯科医に診てもらってください。
  • これは知る人ぞ知る痛み止め応急処置ですが、市販薬で下痢止めとして使われる大幸薬品の正露丸を歯の患部に押し込むと簡易的な鎮痛効果があります。
    正露丸を直接口にしたことがある方はわかると思いますが、舌がピリピリとして直後に麻痺してきます。
    これは正露丸の主成分に鎮痛鎮静効果があるので、ロキソニン等がなければ正露丸でも代用できます。
    ただ、かなりきつい臭いと味がするのであくまで緊急の場合の応急処置として知っておくといいと思います。
    こちらも持続はしないので歯科医で適切な治療をおこなうようにしてください。

歯が痛いときにやってはいけないこと、注意点

歯が痛いときやってはいけないこと

歯が痛いからといって無闇に触ったり叩いたりして刺激を与えないようにしてください。
無用な刺激は歯の痛みを増長するだけですのでなるべく安静を保つようにしましょう。

飲酒もやめましょう。
アルコールで痛みが麻痺すると思って飲むと一時的な感覚が麻痺しますが、その後血液の循環がよくなると一転して激しい痛みに変わります。

先ほどの歯が痛いときは冷やす、ということとは逆に暖めるようなこともしないようにしましょう。
お風呂に長く入ったり、激しい運動をしたりすると血圧が上昇して血液の循環がよくなり血流が早くなることで神経を圧迫して強い痛みに襲われます。

一時的な歯の痛みの応急処置をしたあとに

歯の痛み応急処置

歯痛に我慢できない場合の応急処置について紹介しましたが、どちらにしてもあくまで一時的に痛みを抑えているにすぎません。
根本的に虫歯の治療をして治さなければ一時的に歯の痛みが治まってもまた痛みがきます。
一時的に痛みが抑えられても虫歯そのものは残ったままですのでそのままにしておくとさらに虫歯が悪化するようになります。
家庭でおこなう一時的な歯の痛みの対処法ができたらすみやかに歯科医にかかって治療を受けるようにしましょう。