あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

腸内環境改善でダイエットも病気治療も解決!育腸で健康なからだをつくる方法

   

先日のインフルエンザ予防対策にも書きましたが、インフルエンザや風邪などウイルスに強いからだをつくるには腸内環境を整えることが大切ということでした。

そして腸内環境を整えるとダイエットにも効果があるということも研究結果にあらわれていることから、積極的に腸内環境を整えるようにしていくことが健康にも美容にもいいということがわかりました。

今回は腸内環境を整える「育腸」で減量できるのか?
ダイエットと腸の関係を深堀していきましょう。

肥満になりやすい体質の腸内環境は?

腸内フローラ
太っている人の腸内環境はバランスが崩れている状態です。
健康な成人の腸内菌の理想的なバランスは、
善玉菌  2
悪玉菌  1
日和見菌 7
の割合がいいとされています。

成人の腸内にはおよそ100兆もの腸内細菌がいます。
このようなことを「腸内フローラ」といい、フローラとはお花畑のような、という意味です。

その腸内細菌は大きく3つに分類されていて、乳酸菌やビフィズス菌などの人間のからだにいいはたらきをする善玉菌、ウエルシュ菌などのように毒素を撒いてからだに悪い影響を及ぼす悪玉菌、そしてそれ以外の菌でそのときどきで善玉菌になったり悪玉菌になったりする菌があり、それを日和見菌といいます。

ダイエットをしなければならないほど太ってしまうのは、代謝がわるいからだになっているためで、これは悪玉菌が増加するとからだに有害な物質がつくられて、代謝が悪くなり、太りやすいからだになってしまうからです。

「育腸」で食生活を改善!腸内環境をよくする食べ物

 

「育腸」のための食生活では積極的に腸内環境をよくする食物を食べるようにします。

「育腸」のための必須食物

①野菜(食物繊維)
野菜などに含まれる食物繊維は腸内で消化されずに大腸まで届いてくれるので、悪玉菌を押し出して排出してくれる、いわば腸のお掃除屋さんというはたらきをします。
さらにすごいのは、食物繊維は善玉菌の餌にもなってくれる、とてもありがたいものです。

目標摂取量はきのこやイモ類、海藻などを含む野菜を350g/日摂るようにします。

食物繊維

②ヨーグルトなど(発酵食品)
インフルエンザ予防にも効果があるといわれるヨーグルトなどの発酵食品です。
ヨーグルトなどに乳酸菌やビフィズス菌が含まれていて、これらの発酵食品による菌は腸内の善玉菌を活性化させてくれるはたらきをします。

目標摂取量は300g/日です。

腸内環境改善

③オリゴ糖
善玉菌の餌になって、より腸内をよくする助けになります。
やさしい甘さがあるので、ヨーグルトに加えることで食べやすくなります。

食物繊維を多く含む食物は?効率よく摂取する方法

腸内環境食物繊維

食物繊維を効率よく摂取するためにはできるだけ食物繊維を多く含む食物を摂るようにしましょう。
とくに食物繊維を多く含むのは、ごぼうなどの根菜やきのこ類、イモ類などにとくに多く含まれます。

これらの食物繊維を多く含む食物をさらに効率よく食物繊維を摂る方法として、乾燥している状態の乾物を摂ることです。
乾燥している状態は同じ量では5倍の食物繊維が含まれているといいます。
干したきのこ類や干した野菜(切干大根など)、乾燥わかめや棒寒天などをヨーグルトや麹菌の甘酒などで戻して、キムチやピクルス、納豆・醤油・味噌などで味付けをしてひと手間加えてアレンジすることで、食物繊維をおいしく効率よく摂取することができます。

腸内細菌でしわが増える!?うつになる!?

腸内細菌の研究は医学の進歩によって解明されてきていますが、まだ不明な部分が多いのも事実です。
しかし腸内細菌によって肥満だけでなく、人体にさまざまな影響をすることがわかってきました。

たとえば加齢と共に顔のしわが増えていくことや脳の老化などの年齢とともに変化していくものからうつ病になることからがんの発症まで腸内細菌が深く関わってきていることが近年わかってきました。

腸内細菌を移植して病気の治療をする方法

便微生物移植法便移植療法

腸内細菌は人によって違うといい、最新の医療の現場では健康な人の便(腸内細菌)を病気の人に移植することで病気の治療をする「便微生物移植法」または「便移植療法」という治療法が行われるようになってきています。

この治療法はアメリカで行われているもので、現在は特定の病気にしかできていませんが、驚くことに今後は肥満や肝臓病、糖尿病、さらにうつ病やほかにも100種類もの慢性疾患の治療にも「便微生物移植法(便移植療法)」が行われる見込みもあるということです。

今のところ「便微生物移植法(便移植療法)」は内視鏡を使って肛門から大腸の奥まで入れて便の注入をしていますが、今後はもっと簡単に腸内細菌が封入されたカプセルを服用するだけで「便微生物移植法(便移植療法)」ができるようになる実験を行っています。

腸内を健康にして肥満解消

腸内細菌

腸内細菌はまだわかっていないことが多く、単純にどの菌が腸内にあるから太りやすいとか痩せているとか判断できない部分もありますが、それでも善玉菌を増やし、悪玉菌や日和見菌とのバランスを正常にしていくことで、病気予防から肥満予防にもなるということはおわかりいただけたと思います。

将来もっと腸内細菌の研究が進んでいけば、腸内フローラの状態を診断して、さまざまなタイプの腸内フローラから病気や肥満などの症状を改善するタイプの腸内フローラを移植できるようになる日も近いかもしれません。

便の移植だけでなく、カプセル化も可能になればもっと身近に治療をしていくことも期待できます。

でも医療までいかなくても日常の食生活を発酵食品や食物繊維をしっかり摂るようにするだけでも健康で肥満になりにくい体質に改善できるのであれば、積極的に食生活を見直してみてはいいのではないでしょうか。

普段から発酵食品や食物繊維に関心をもっているだけでも、最新の腸内細菌医療や健康法、さらにダイエットにもすぐに対応できますからね。