あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

ご飯オーケーダイエットで燃焼しやすからだに!ストレスなく食べながら痩せる・続けられる!

   

ダイエットの敵はおながすくこと、食べたい誘惑に駆られることです。
食べるのを我慢することで摂取カロリーを減らすという考え方ですが、どうしてもおなかがすくとがつらいですよね。
とくに日本人の主食であるご飯(炭水化物&糖質)は、ダイエットでは食べる量を控えるようにとされています。

そんなダイエットの敵といわれるご飯ですが、ダイエットの常識に反してご飯を食べながら痩せる方法があります。
もし本当ならダイエットにはつきものの、食べるのを我慢して空腹に耐えながら痩せるという苦行から解放されますよね。

ご飯をしっかり食べながらダイエットするご飯OKダイエットで今度こそスリムになりましょう!

 

ダイエットの悩みと問題点を克服できる食べて痩せるダイエット

動物性たんぱく質ダイエット

さまざまなダイエットがあり、実践してきた方もいるかと思いますが、なかなか続かないという方も多いのではないでしょうか?

いくら効果が高いダイエットでも苦行のようなダイエット法や我慢を強いられるダイエットで、さらに長期間の継続をしなければならないというのでは長続きしません。

ありがちなのはダイエットとリバウンドを繰り返すうちにどんどん太っていってしまうケースです。
でもご飯OKダイエットではリバウンドせずにダイエット効果が持続して体型を維持することができます。

最近のダイエットでも炭水化物制限ダイエットや糖質制限ダイエットが注目されていますが、ご飯OKダイエットはなぜご飯を食べながらダイエットができるのでしょうか?

 

ダイエットの続かない問題点

リバウンド

ダイエットの効果がなかなか出ないから続かない、ダイエットしてもすぐにリバウンドしてしまう等、ダイエットには大きな壁がありますが、ご飯を食べることができてストレスを溜めずに満足感を感じながらダイエットできれば夢のダイエットといえるでしょう。

ではご飯を食べることでのメリットとはなんでしょうか?
まず、ご飯を食べられる満足感、そしてご飯(炭水化物)を食べることはからだのエネルギー源となります。
からだが冷えるのはからだが熱をつくる力が足りていないからで、しっかりと食べることでエネルギーをつくることが大切です。
また、しっかり食べることで満足感が得られ、結果として間食をしなくてすむようになります。

考え方として、ご飯を食べる摂取カロリー自体を減らすのではなく、ご飯を食べてエネルギーとしてしっかり燃やすということです。

 

ご飯OKダイエットの特徴

ウエスト痩せるダイエット

ご飯を食べながらダイエットするご飯OKダイエットは食べないことで痩せるのではなく、食べて燃焼して痩せるダイエット法です。

ではご飯OKダイエットとはどのような特徴があるのでしょうか?

ご飯OKダイエットがほかのダイエットと大きく異なるのは、おなかまわり、つまりウエストサイズはしっかり細くなるのですが、全体重はほとんど変わりません。

これは、体重が重要なのではなく見た目、つまりサイズを締まって見せるということがポイントなのです。

実際に被験者の主婦がご飯OKダイエットを6ヶ月間、ご飯を食べながら実践してみた結果は、ウエストが半年でマイナス8.5cmという、かなりのダイエット効果が結果として出ました。

 

体質を変えていくご飯OKダイエット

とはいえ、無闇にご飯を食べていても痩せられません。
ご飯OKダイエットのルールをきちんと守ることで、ダイエット効果が出るようになります。

ご飯を食べても痩せる3つのポイント

ご飯OKダイエットは3か条を守りながらご飯を食べるだけです。

1.肉や魚、卵などの動物性たんぱく質を十分に摂る

燃焼しやすいからだ

エネルギーを消費するのは筋肉が一番大きく、筋肉量を増やすことは燃焼しやすく痩せやすい、そして太りにくいからだをつくることになります。
筋肉をつけることでご飯を食べても燃やしてくれるからだをつくるということです。
なぜご飯OKダイエットがウエストサイズは細くなるのに体重に変化がないのかというと、ブヨブヨした脂肪に対して引き締まった筋肉は質量が重いため、引き締まっても体重はあまり変わらないのです。

一日に食べる動物性たんぱく質の目安は手首から指先まで、暑さを含めて手のひらサイズ2枚分の肉や魚です。
ほかにも卵や甲殻類、貝類なども動物性たんぱく質なので合わせてトータルの消費カロリーを上げることがポイントになります。。
ただし、豆類などの植物性たんぱく質は筋肉になりにくいので、効率を考えると動物性たんぱく質のほうが効果が高いです。

ではステーキ肉とハンバーグではどちらがダイエットに理想かというと、ステーキ肉がいいです。
肉のかたまりはよく咀嚼する(噛む)ことになるので、消費エネルギーも上げることができるので、できるだけかたまりの肉(原形に近い肉)は代謝がアップするので、かたまりの肉を食べるようにしてください。

さらに、ヘルシーといわれる鶏肉と牛肉ではどちらがダイエットにいいかというと、これは意外にも牛肉がいいのです。
燃焼して代謝をアップするという考え方では、牛肉のほうがたんぱく質量や鉄分も多く含み、脂肪燃焼を助けるとされるL-カルニチンが鶏肉より多く含まれているので、鶏肉より牛肉の料理を食べるようにするといいです。

脂肪燃焼をサポートするL-カルニチンが多い肉

羊肉>牛肉>豚肉>鶏肉

肉に含まれるL-カルニチンの多さを見るときに肉の色が赤いものほどL-カルニチンを多く含むと思って選んでください。

2.良質な油を摂ること

オメガ3系アマニ油

良質な油としてアマニ油を食事に取り入れましょう。
アマニ油はオメガ3系といわれる油の一種で、油に含まれるα-リノレン酸がダイエットにつながります。
アマニ油のような良質の油を摂ることで、食べた糖質を燃やしやすく、代謝を上げるサポートをしてくれます。

ほかにもα-リノレン酸を多く含む油として、エゴマ油やインカインチオイルなどもおすすめです。

良質の油を摂取する目安として小さじ1杯、3~4gぐらいが一日の摂取量です。
より高いダイエット効果を望む方は、良質の油を小さじ2~3杯とやや多めに摂るようにするといいでしょう。

3.味噌汁を一緒にいただく

大豆たんぱく質味噌汁

味噌の原料は大豆です。
動物性のたんぱく質を摂りながら、植物性のたんぱく質を摂ることで相乗効果が出るので両方のたんぱく質を摂るために味噌汁をあわせていただくことが大事です。

味噌汁の一日で摂る目安は2杯くらいがいいです。
ただ、味噌汁の塩分を気にする方がいますが、味噌の塩分は血圧を上げないとされていて、味噌に含まれるカリウムという成分が余分なナトリウムを排泄するはたらきがあるといわれているので、塩分はそれほど心配ありませんが、どうしても気になる方は野菜や海草などを多めに具にしていただくのもおすすめです。

 

食べながらダイエット!ご飯以外の食事で食べて痩せる

 

外食や付き合いなどでいつもご飯ばかり食べているというわけにもいきません。
そうした場合の食事をして痩せるコツがあります。

ラーメンを食べて痩せる

ラーメンにはトッピングでチャーシューと味付けタマゴを加えるようにしましょう。
ラーメンに動物性たんぱく質を加えることで、偏りがちなラーメンのバランスをとることができます。
あわせてミネラルを摂取しながら代謝を上げられるコショウや、糖質の吸収をゆるやかにするといわれるお酢を足すとよりいっそう効果が高いです。

パスタを食べて痩せる

パスタを食べるとき、あわせてツナサラダや生ハムを食べましょう。
魚と肉の動物性たんぱく質を摂ることが重要です。
食べられるのであれば、タバスコもパスタに加えましょう。
唐辛子の発酵調味料であるタバスコは代謝を上げるのに優れています。

パンを食べて痩せる

パンを食べるときにあわせて飲むものは抹茶豆乳やソイラテがおすすめです。
植物性たんぱく質でもあわせて摂ることが重要で、豆乳自体にもα-リノレン酸が含まれていて、抹茶にはカテキンや食物繊維があるので、糖質の吸収をゆるやかにする作用があります。

 

ご飯OKダイエットのダイエット効果の目安

おなか痩せる

劇的に痩せる方法ではないので効果の目安は3ヶ月くらいと思って続けてください。
とくに我慢やストレスになるようなダイエット方法ではないので、長く続けられるのではないでしょうか。

ご飯OKダイエットを実践した女性のウエストと体重の推移は、体重はほぼ変わらずですが、ウエストは実践してから1ヶ月でグンと落ちて、それ以降は細くなったウエストを維持しているという結果が出ています。

このことは体脂肪が筋肉に置き換わったということで、体重は変わらないけど中身が変わった=体質が変わったということです。

ご飯を我慢せず、食べながら燃焼しやすいからだに体質が変わることを実感できるご飯OKダイエットは、無理なく長く続けられるダイエット方法として、今までダイエットが続かなかった、リバウンドを繰り返してしまう、といった悩みをもつ方にぜひおおすすめするダイエットです。