あした役立つちょっとイイネ!な話

知ってると得する情報から文化慣習まで日本のイイネ!を紹介します

*

Microsoft Office Online でエクセル・ワード・パワーポイントを無料ダウンロードして使おう

   

Word(ワード)とかExcel(エクセル)、さらにPowerPoint(パワーポント)など、マイクロソフトのオフィスツールを使うことってありますよね。

たとえば仕事で報告書を作ったり、学校の資料作りをしたり、家計簿をつけたりなど、なにかと使う機会があります。

パソコンを買うときに初めから入っているプリインストール版パソコンならそのまま使えますが、インストールされていないモデルや初期購入費を抑えるためにインストールしないで購入したパソコンだと、自分で使わないからと思って使っているうちに職場や学校などから文章を作るような依頼がきたときに困ります。

 

無料または安価で使えるオフィス互換ソフトで十分?

Office Online

そこでマイクロソフトのオフィスを買おうとすると、これがけっこうなお値段です。

一年毎に課金されるMicrosoft Office 365 Soloで約1万2千円、通常のMicrosoft Office Home and Business 2013で約2万6千円(ともにAmazonでの価格)です。

発売当初から比べれば安くなってきてはいますけど、それでもオフィスって意外と高いんですよね。

そこまでヘビーにオフィスを使うわけじゃなく、ちょっと必要になっただけ、なんていう人にはまともにマイクロソフトのOfficeなんて買おうとは思わないっていう人もいるでしょう。

それではと無料で使えるオフィスの互換ソフトや安価な有料互換ソフトを試してみると、これがとっても微妙な使い勝手なんですよね。
まったく使えないわけじゃないんですが、細かいところでやっぱり本家とは違う感が出てしまいます。

なんていうのか、あえて本家と違わせているんじゃないかと勘ぐってしまうような操作性で、使い初めから操作方法を覚えなきゃいけないんですよね。

ただ、互換ソフトの中で一番本家Officeに近いのが有料ではありますが、KINGSOFT Office 2013かなと思います。
本家Officeとの互換性はかなりの次元であります。
価格もワープロ、表計算、プレゼンテーションの各ソフトが使えるStandardで6000円を切るお買い得プライスです。
あえて難点をあげるとすればインターフェースがちょっと違うくらいでしょうか。
また、お試し期間が30日間あるので、とりあえず使ってみたい人や30日間短期で使い倒すだけでいいような人には向いています。

 

Office互換ソフトではなく本家Officeを無料で使う!?

Office Online

ところで互換ソフトを使わなくても、本家MicrosoftのOfficeが無料で使えるのは知っていましたか?

その無料で使えるOfficeというのが「Office Online」という、Microsoftが提供するクラウドサービスのひとつの機能です。

使う方法は無料で登録するMicrosoftアカウントがあればOK。

以下のサービスにMicrosoftアカウントでログインします。
https://products.office.com/ja-jp/office-online/

Office Online

そして使いたいソフトを選択します。
・Word Online(ワープロ)
・Excel Online(表計算)
・PowerPoint Online(プレゼンテーション)
・OneNote online(デジタルノート)
・Outlook.com(メール)
・OneDrive(クラウドDB)
・People(電話帳)
・カレンダー

Office Online

OfficeOnlineはWebブラウザから起動します。
通信速度にもよりますが、最近の高速回線だったらサクサクと動きます。

気になるインターフェースの違いや操作感はほとんど変わりません。
互換ソフトにあったような本家Officeとの違いや慣れというものが気にしなくていいのは助かります。

Office Online

OfficeOnlineに欠点はない?

褒めちぎっておいてなんですが、あえて弱点をあげるとするならば、クラウドでの動作ということもあり、負荷のかかる作業では時間がかかります。
使用する時間帯などでクラウドの混雑具合や通信速度でも影響の出る部分であることは理解しておく必要があります。

使い勝手もクラウド上で動作しているため、一部のやり方が困難な場合があります。
このあたりは慣れるしかありません。

また、インストール版のOfficeソフトと違って、すでに作ってあるファイルを開くのにコツがいります。
インストール版ならパソコン上で保存してあるファイルをダブルクリックすれば開くことができますが、OfficeOnline版ではできません。

開き方は「OneDrive」にファイルを移してから、そこから開くようにします。

クラウドサービスだけあって、どこからでもMicrosoftアアカウントでファイルを開くことができるというのは便利です。

パソコンがオンライン状態でないと使えないという制約はあるものの、高額なMicrosoftOfficeとほぼ同等のものが無料で使えるのなら全然問題ないですね。